読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シミルボンの歩き方

シミルボン公式ブログです。使い方やよくある質問も掲載してます♪

シミルボンのコンセプト

シミルボンについて

f:id:shimirubon:20161207111548j:plain

 ◆シミルボンとは

シミルボンとは、ユーザーの皆さまが “いい本”を互いに教えあったり、好みの“読書人”に出合ったりすることのできる、プラットフォームです。

ユーザー参加型のレビューやコラムの投稿サイトであり、本やマンガに関連した口コミを閲覧することができる情報サイトです。

書き込みにあたっては、ブログさながらに、少し凝ったレイアウトができたり、写真やイラストなどの画像を張り付けたりして、表現することができます。

 ◆シミルボンが目指すもの

たとえば皆さまが、SFについて好奇心をもったときに、膨大な書店の陳列棚を前にして、「どれから読んでいいのかわからない、好みの本を見つけることなんでてきないよー」などと、困ったことはありませんか? 

そうしたときに、自分が興味を持ったジャンルに詳しい人=”水先案内人”さえ見つけることができれば、その人に教えてもらって、ワクワクするようなSFの世界が拡がるはずなんですが…。

学生時代であれば、SFの場合、気合の入った古書店の“名物店長”であったり、SF同好会のクラスメートだったりしたわけですが、身の回りにそういう知り合いが都合よくいることは、むしろ稀なのが現実です。

シミルボンが目指すところ、ユーザーの皆さまと実現したいユートピアのイメージは、まさにここにあります。 

シミルボンでは、サイトのなかで本についての記事を閲覧し、その本のページから、自分の好みに近い人や関心ごとに詳しい人を見つけることができます。

お気に入りの”水先案内人”=読書人を発見することができれば、その人のページを参考にして、好みにぴったりな新たな本に出合えたり、未知の本のジャンルに遭遇したりすることができる…。

◆読み手=閲覧される皆さまへお願い

シミルボンが、読み手の皆さまにお願いしたいことは、2つです。

よいと思ったレビューやコラムには、積極的に”いいね”ボタンを押してください。
読み手の皆さまの評価によって、“よい投稿”をした人はどんどんレベルアップし、ランクや称号を獲得して、サイトのなかで目立つようになります。読み手の “いいね”によって、結果として、よりよい書き手が次第に“育成”されていくという仕組みです。f:id:shimirubon:20160609212559p:plain

 

 

オモシロイと思える“読書人”を見つけたら、気楽に”ファン”になりましょう。

ファンになることで、その人が書いた記事や紹介した”本”やコミックが、タイムラインに流れるようになり、自分の好みになった本との出会いが、確実に膨んでいきます。いきなりファンになるのは敷居が高いという読み手には、“こっそりファン”という機能もあります。とにかく、気になる人を見つけたら、迷わずファンになってみてください。f:id:shimirubon:20160512153909p:plain

 

◆書き手=投稿される皆さまへお願い

書き手の皆さまにお願いしたいことは、たった1つです。

あなたの読書体験を、あなた1人のものとして閉じてしまうのは、すごく”もったいない”かもしれません。あなたの読書を通じて感じたこと思ったことを、自由気ままに記事=レビューやコラムにして投稿してみませんか。

f:id:shimirubon:20160519144452p:plain

あなたの“記事”や紹介した本が、サイトのなかの不特定多数の“読み手”に届き、そのうちの誰かの人生を、すこしだけ変えたり、豊かにできる可能性があります。シミルボンは、ユーザーの皆様が、それぞれ書き手として”メディア”になっていただくための場所であることを、目指したいと思っています。
あるいは、記事を他のユーザーに公開することで、あなた自身にも意外な気づきや新たな発見があるかもしれません。

◆シミルボンから最後に

ユーザーの皆さまが、読み手でもあり書き手でもあっていただけるとなお嬉しいです。

読み手と書き手が、相互循環的にサイトのなかで干渉し合いながら、本やマンガの豊かな世界が、どんどん深堀されていくような未来を、皆さまと一緒に作っていけたらと、シミルボンはひそかに願っております。

 

シミルボン事務局一同